履歴書は自分のカタログパンフレットだ/ハローワーク@再就職・転職情報無料紹介サイト

履歴書の書き方


履歴書は、採用担当者が最初に見る求職者のデータです。


履歴書・職務経歴書等の書類選考を通過して面接の段階になっても履歴書は参考書類として使われます。


いってみれば履歴書の書き方ひとつであなたの今後の人生が決まってしまうといってもいいでしょう。


つまり、良い履歴書の書き方を知り丁寧で採用担当者に好印象を与えるような履歴書を書ければ書類選考を通過するだけでなく、後々の面接にも有利になるということです。



履歴書の書き方の前提として、いい加減な妥協はしないようにしてください。


履歴書は自分を売り込むためのパンフレットだと思って丁寧に書いてください。


履歴書の書き方を妥協してしまうということは自分を売り込むチャンスを自ら絶っているということです。


自分の作れる最良の形で履歴書を書きましょう。

履歴書を書く前に/ハローワーク@再就職・転職情報無料紹介サイト

履歴書を書く前に以下のことに注意してください



準備物

   履歴書用紙 

    

市販の「履歴書」A4サイズを使いましょう。

種類はいろいろありますが今はA4サイズが基本です。

    

   証明写真 

   

3ヶ月以内に撮影したもので、大きさは縦36〜40mm、横24〜30mm。

きちんとした服装で、胸から上がはっきり写っているものを使います。

スナップ写真を切り取って使うのは、良くありません。

写真の裏に、名前と生年月日を記入しておきましょう。



心掛けること


黒のボールペン、または万年筆で書きましょう。色ペンは禁物。


文字の上手い下手よりも、丁寧に正確に書きましょう。


修正液、訂正印は使用してはいけません


コピーは絶対使ってはいけません。


毎回、直筆の物を用意しましょう。


できるだけ空白を作らないように、書ける所は書きましょう。


履歴書の書き方@/ ハローワーク@再就職・転職情報無料紹介サイト

履歴書を書く


 日付


履歴書を書いた日を記入する(郵送の場合は投函日)


持参する場合は、当日の日付を記入する。



写真


スナップ写真は避けること。


服装はフォーマルで、3ヶ月以内に撮影した証明写真を使用。


髪形や表情、清潔なイメージに留意する。


写真の裏には必ず名前等を記入する。



現住所・連絡先・電話


省略せずに都道府県から、建物の名称や部屋の番号、「○○方」まで詳しく正確に記入する。

「フリガナ」はカタカナで漢字のみに付与する。 「ふりがな」はひらがなで


電話番号は自宅か、携帯電話のどちらか1つは記入する。



学歴・職歴


一行目の中央に「学歴」と書きます。


正式名称で中学校の「卒業」から記入しましょう

(例) ○○市立 △△中学校卒業


高校以上は「入学」と「卒業」の両方を記入しましょう。


学部や学科、専攻も記入する。


学歴のあと一行あけて、次の行の中央に「職歴」と書きます。古い順に記入します。


入社した会社を全て記入する。会社名は正式名称で略さずに書きましょう。


アピールになるのであれば、長期間就業したアルバイトや(パート)歴も記入する。


入社・退社の年月を間違えないように確認しましょう

退社の理由も書きましょう。


職歴のあとに賞罰を記入する(社内での表彰等を記入)。特になければ「賞罰なし」と記入する。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。